月曜日早朝の注文は危険?

月曜日早朝の注文は危険?@

為替相場は、日本時間の早朝から始まります。

 

このとき、市場で、
朝一番に付いた価格で売買しようとして、

 

土日になどに、「成り行き」「指値」
を入れておこうとする人がいますが、
FXではこれはやってはいけません。

月曜日早朝の注文は危険?A

FX業者によっても異なりますが、
FXでは、
マーケットが始まる前に相対で取引されてしまうと、

 

スタート価格よりも大幅高で買わされたり、
大幅安で売らされたりする場合があります。

 

よって、もし月曜日のマーケットが始まる前に
注文を入れる場合には、
必ずきつめの指値で入れるようにしてください。

 

例えば、米ドルを
110円で買えればよいと思っている場合には、
月曜日の朝一番では、
109.50円などと、低めの価格で指値をします。

 

スポンサーリンク

レバレッジ5倍とは?

現在の水準から、
20%下落しても大丈夫な範囲が
レバレッジ5倍になります。

 

レバレッジ5倍といっても、
特にレバレッジを設定する機能というものが
あるわけではありません。

 

FX取扱会社によっては、
レバレッジが1倍、5倍、10倍、20倍などと
倍率が異なったり選択できたりしますが、

 

それでもレバレッジは
自分の余裕資金で調整することができるのです。

 

通常は、口座に預けてある資金の
5倍までしか取引しないということが、
レバレッジ5倍以内で取引するということになります。

 

ちなみに、レバレッジが嫌な人は、1倍でも問題ありません。

 

その場合は、外貨預金と同じことですが、
様々な面で外貨預金よりもFXの方が有利です。

 

スポンサーリンク