スプレッドと為替取引手数料は別?/金融機関の反対売買とは?

スプレッドとは?@

スプレッドというのは、
売り価格と買い価格の価格差のことを言います。

 

銀行でも為替交換するときに、
TTS(売値)とTTB(買値)の2つの価格がありますが、

 

同様に、FXにも
売値と買値の2種類の価格があります。

スプレッドとは?A

例えば、FX取引業者の売買画面には
次のような表示がされています。

 

⇒ 売 100.10 買 100.15

 

これは、買うときの価格が「100.15円」で、
売るときの価格が「100.10円」ということです。

 

ここで、買う価格と売る価格には
価格差がありますが、
これを「スプレッド」といいます。

 

この例でのスプレッドは、
100.15円−100.10円=0.05円 
すなわち、5銭ということになります。

 

なお、FX取引業者によって
このスプレッドの値は異なります。

 

ちなみに、売りと買いのボタンを間違えて
クリックしてしまうということがよくありますので注意してください。

 

スポンサーリンク

スプレッドと為替取引手数料は別?

為替取引手数料は、
スプレッドの価格とは別に支払います。

 

FX取引業者の中には、
手数料無料の会社もありますが、

 

こういった業者はスプレッドが大きく、
そこで利益を出していることもありますので、
手数料無料の場合には、よく確認してください。

 

中には、法外に
スプレッドが大きいところもありますので
注意が必要です。

金融機関の反対売買とは?

外国為替市場に
直接参加している金融機関というのは、
FX業者を通した投資家の注文に対して、

 

反対売買、
つまり投資家の「買い」に対して「売り」、
「売り」に対して「買い」を行います。

 

わかりやすく言うと、
投資家は、この金融機関と取引しているのです。

 

そして、投資家と取引した金融機関は、
同時に外国為替市場に参加している
他の金融機関に対して、

 

投資家に売った注文分を市場から「買い」、
投資家から買った注文分を市場に「売る」のです。

 

このとき、金融機関が取引相手を迅速に見つけるために、
為替ブローカーと呼ばれる業者が
金融機関同士の取引を仲介する役割を果たします。

金融機関は為替変動リスクを負わないのですか?

金融機関は、
投資家の注文を受ける相手方になりますが、

 

結果的には、
それを外国為替市場に取り次ぐことになりますので、
基本的には、
為替レートの変動によるリスクを負うことはありません。

 

スポンサーリンク