FXは危険?

FXは危険なの?@

FXが一般的に危険であると言われるのは、
次のような理由によるようです。

 

■為替の動きが読めない
基本的に為替はどのように動くのかよくわからないものです。

 

プロでもよくわからないと言われていますが、
為替で稼いでいるプロは、
短期売買で目先の動きだけに集中しているようです。

FXは危険なの?A

■レバレッジが掛けられる
レバレッジが危険であると思っている人が多いようです。

 

保証金や証拠金という言葉を聞いただけで
引いてしまう人もいるようです。

 

しかしながら、レバレッジというのは
自分で設定できますので、
別に20倍とか30倍にしなくても、
1倍とか2倍でもできるのです。

 

例えば、100万円証拠金を預け入れて
50万円分だけ買えば、レバレッジは0.5倍です。

 

為替は、株などと比較すると動きが小さいので、
リスクが取れる範囲で
レバレッジをかけるのは危険なことではありません。

 

ちなみに、為替の場合には、
株のように倒産のリスクもありません。

 

■悪徳業者が多い
悪徳業者についてはまだまだ存在していますので、
FX取引業者を選ぶ際には慎重にする必要があります。

 

■経験がない
最近は、テレビや雑誌などでも取り上げられることが多くなりましたので、
FX自体は知られてきたのかもしれませんが、
実際にやったことがないと、
なかなかイメージはつかめないかもしれません。

チョッピーとはどのような意味ですか?

チョッピー(choppy)とは、
もともとは水面が波立っている様子を意味する言葉です。

 

相場用語として、チョッピーといった場合には、
相場が不安定な様子、
あるいは相場が不規則に激しく変動する様子を指して
このようにいいます。

 

スポンサーリンク