海外の金利は高い?

海外の金利は高い?@

海外の金利が高い
と思っていらっしゃる人もいるかもしれませんが、
これは日本が極端な低金利政策をとっているからであって、
日本の金利が低すぎるのです。

 

FXでは、2つの通貨間の金利差を
スワップで受け取ることができますので、
日本円を売って高金利通貨を買うというのは、
日本円の低金利を逆手にとって利用しているのです。

海外の金利は高い?A

もし今後、日本円の金利が
上昇したらどうなるのでしょうか?

 

日本の金利が0.1%だとして、
オーストラリアドルの金利が5%だとした場合、

 

オーストラリアドルを購入すると、
4.9%(5%−0.1%)
のスワップ金利を受け取ることができます。

 

しかしながら、日本円の金利が2%まで上昇した場合には、
3%(5%−2%)
となり、
FXで受け取れる金利は、3%に低下してしまいます。

 

このように、日本が超低金利政策をとっているときに、
FXで他国通貨を買うということは、
スワップ金利が大きくなるという点でメリットがあります。

 

スポンサーリンク

スワップ金利のメリットは日本人だけが受けられる?

ちなみに、
これは日本人だけのメリットではありません。

 

海外の投資家も
円を売ってドルを買うオーダーを出しているからです。

 

日本人でも、
ユーロを売ってドルを買うということができるのと
同じことです。

 

この場合は、スワップは
ドルで受け取ることになります。

 

なお、スワップ金利というのは、
銀行の金利とは基本的に異なりますので、
単純に比べることはできないのですが、
銀行の外貨定期預金の金利よりも有利になっています。

 

スポンサーリンク