外国為替証拠金取引(FX)とは?

外国為替証拠金取引(FX)とは?@

外国為替証拠金取引(FX)というのは、
外国為替の取引を、
少ない金額の証拠金(保証金)
のみで売買することをいいます。

 

例えば、1ドル=100円のときに
1万ドルの米ドルを買うには、
日本円で100万円が必要になりますが、

 

外国為替証拠金取引(FX)では、
10万円あればそれを証拠金(保証金)にして、
その10倍の100万円分の米ドルを買うことができます。

外国為替証拠金取引(FX)とは?A

自己資金に対して
10倍のものを買えることを、
テコの原理になぞらえてレバレッジと呼びます。

FXで具体的にレバレッジを使った取引は?

例えば、10万円の証拠金で、
1ドル=100円のときに
1万ドル(100万円相当)の米ドルを買ったとします。

 

このとき10倍で買うので、レバレッジは10倍となります。

 

その後、1ドル=110円になったときに、
ドルを売ったとします。

 

そのときの1万ドルというのは、110万円相当になりますので、
10万円(110万円−100万円)の利益になります。

 

証拠金は、10万円だったものが、
20万円に増えていることになります。

 

反対に、1ドル=100円のときに
1万ドル分(100万円相当)の米ドルを買った後で、
1ドル=90円になったときにドルを売ったとします。

 

そのときの1万ドルというのは、90万円に相当しますので、
10万円(90万円−100万円)の損失になります。

 

証拠金は、10万円だったものが、0になってしまいます。

 

このように、FXではレバレッジを掛けた取引は、
うまくいくときは大きく儲かりますが、
失敗したときは大きく損をすることになります。

 

これが、FXはハイリスク・ハイリターンと言われる所以です。

 

スポンサーリンク