外国為替市場とは?/インターバンク市場、改正金融先物取引法...

外国為替市場とは?@

1998年4月の
外国為替及び外国貿易法(外為法)の改正により、
個人でも、インターバンク市場に
オーダーを出すことが可能になりました。

 

それ以前は、
外国為替公認銀行のみに許可されていましたので、
独占されていた外国為替業務が自由化され、
誰でも自由に為替の取引を行うことができるようになったといえます。

外国為替市場とは?A

その際、インターバンク市場、
つまり、銀行間市場で行われている
取引単位100万ドルの外国為替取引を、

 

一般の投資家にも参加しやすいように
取引単位を1万ドルに小口化し、
それを10万円程度の証拠金※で行えるようにしたのです。

 

この改正は、銀行、機関投資家、大企業が
独占してきた外国為替を個人投資家にも
開放したという画期的なものとなりました。

 

※保証金、担保資金ともいいます。

 

スポンサーリンク

インターバンク市場とは?

インターバンク市場というのは、
特別な建物があるわけではなく、電子取引市場です。

 

また、自由な取引を行うところなので、
市場全体を管理する機構もありません。

 

よって、株式のように、ストップ高ストップ安といった
システムが売買を制限するような仕組みもないのです。

改正金融先物取引法とは?

平成17年7月1日に
改正金融先物取引法が施行されました。

 

これは、市場開放とともに
多くの悪徳業者が参入してきてしまったため、
危険なFX業者を排除するために行われた措置です。

 

この改正金融先物取引法によって、
日本で外国為替証拠金取引を扱う全ての業者に
登録義務が課せられましたので、

 

登録できない業者は
平成18年からは営業ができなくなりました。

 

スポンサーリンク