アナリストの種類・投資対象による分類...

アナリストとはどのような職業の人ですか?@

アナリストというのは、
元来は分析する人のことをいいます。

 

この意味からすると、、アナリストは
どの分野にも存在していることになります。

 

しかしながら、投資分野において
アナリストといった場合には、
相場の分析を行う専門職のことをいいます。

ナリストとはどのような職業の人ですか?A

具体的には、
株式や債券、為替相場等への投資、
あるいは経済や市場全体について
調査・分析・評価を行う人のことです。

アナリストの種類は?

アナリストを大きく分けると、次の2種類になります。

 

■テクニカルアナリスト 
チャート分析などテクニカル要因を活用して
分析するアナリストです。

 

■ファンダメンタルアナリスト 
経済統計や経営実態などファンダメンタル要因を元に
分析するアナリストです。

 

スポンサーリンク

アナリストを投資対象によって分類すると?

アナリストを投資対象によって、
次のように分けることもできます。

 

■証券アナリスト 
株式の調査や分析を行うアナリストです。

 

■クレジットアナリスト 
債券等の信用調査を行うアナリストです。

 

■ファンドアナリスト 
投資信託等の評価を行うアナリストです。

アナリストのその他の分類

アナリストは、サービス提供の対象が
証券を売る側か買う側かの違いで、
バイサイドアナリスト(買う側)と、
セルサイドアナリスト(売る側)に分けることも可能です。

 

スポンサーリンク