外国為替とは?/チャートとローソク足とは?

外国為替とは?

外国為替というのは、
2種類の通貨を交換することをいいます。

 

そして、その交換するときのレート(交換比率)
を為替レートと呼びます。

 

なので、例えば、1ドル=100円という表現は、
1ドルあたり円が115円で交換できる、
ということを意味しています。

為替差益とは?

1ドル=100円のときにドルを買って、
1ドル=110円のときにドルを売った場合には、
1ドルあたり10円の利益になります。

 

これを為替利益と言います。

 

例えば、このとき1万ドルを売買したとすると、
為替差益は10万円(10円×10,000)になります。

為替差損とは?

1ドル=110円のときにドルを売って、
1ドル=100円ときにドルを買った場合には、
1ドルあたり10万円の損失になります。

 

これを為替差損と言います。

 

例えば、このとき1万ドルを売買したとすると、
為替差損は10万円(−10円×10,000)になります。

 

スポンサーリンク

チャートとローソク足とは?

チャートというのは、
為替の変動をグラフに表したものを言います。

 

ローソク足というのは、
チャートの一日の動きがローソクに見えることから
「ローソク足」
と呼ばれます。

 

その他にもいくつかのチャートがありますが、
はじめはローソク足のチャートを
しっかり覚えておけばよいと思います。

 

■日足(ひあし)
⇒ 日足は、1日ごとのチャートです。
■週足(しゅうあし)
⇒ 週足は、1週間ごとのチャートです。
■月足(つきあし)
⇒ 月足は、1か月ごとのチャートです。

 

どのチャートも重要ですが、
どのチャートを見るのかによって、
全く異なった印象を受けるかと思われます。

 

これらのチャートを見ていると
一定の周期性が見えてくるかと思いますが、
徐々に、全体的に上がりすぎているとか、
下がりすぎているとかがわかるようになってきます。

チャーチストとファンダメンタリストとは?

チャーチストとは、
チャート重視の人のことで、
なぜ動くのかというよりは、
どう動くのかを重視する人のことをいいます。

 

ファンダメンタリストというのは、
景気や金利などのデータから、
動きを予測する人のことを言います。

 

スポンサーリンク