ミセスワタナベとは?/インターバンク市場、機関投資家と決算...

ミセスワタナベとは?@

2007年、東京のインターバンク市場において、
午前中、相場が円高方向に向かっていたものが、
昼をはさんで午後になると、円安に戻っている、

 

しかも、
相場を反転させるそれらしい情報もないのに…
というような状況が、
頻繁に起こった時期がありました。

ミセスワタナベとは?A

この原因を探っていくと、実は、
主婦やサラリーマンを中心とした個人のFX投資家が、
時間のあく昼休みを利用して
一斉に円売り・ドル買いの注文をしていたというものでした。

 

さすがにプロのディーラーでも、
個人の投資家が
相場を左右するほどの影響力を持っていたとは
想像もつかなかったようです。

 

この現象は、やがて海外にも伝わり、
FX投資家を指す「ミセスワタナベ」
という呼び名が生まれました。

 

ちなみに、具体的には、ミセスワタナベというのは、
為替取引について高度な専門知識やノウハウを持たず、
小口の資金を投じている個人投資家のことを指しています。

 

経験豊富なディーラーたちには
素人同然の「ミセスワタナベ」の動向が、

 

今では
マーケットを動かす大きな力として認識されているというのですから、
何とも興味深いです。

 

【スポンサーリンク】

インターバンク市場とは?

インターバンク市場というのは、
通貨の売り買いをする外国為替市場の中で、
銀行など
金融機関同士が取引する場のことをいいます。

機関投資家と決算

銀行などの機関投資家は、
企業なので年1回の決算があります。

 

この決算までに、
企業として一定の利益を上げる必要があるため、
常に機関投資家は、その決算までに
一定のディーリング益を確保することが求められます。

 

つまり、機関投資家は、
1年間という区切りの中で利益を上げるように
最善を尽くさなければあならないのです。

 

なので、当然、短期売買に偏りがちになります。

 

【スポンサーリンク】